無料で漫画を楽しむ方法!嬉しい見放題と配信数は!? 【u-next】評判もチェック♪

こんにちは。

いろいろな漫画をご紹介させてもらってきましたが、今回は漫画をどう読むのかということを月々の予算も考えつつお話していきますよ。

無料漫画!

見放題!!

今すぐ!!!

バレずに!!!!

これらのワードに「ン!?これはもしかして!?」とピンと来た人は、少ないお小遣いでたくさん面白い作品に出会うためのお得な情報もあるので、お時間に余裕のある人はお付き合いくださいネ。

まずは道場主の漫画コンテンツ遍歴をご紹介。
お時間なければトバしてください!(〃’▽’〃)

■幼少期

紙の本時代。

わたしの地元だけかも知れませんが、この頃本屋さんで売っている漫画はすべて透明フィルムが巻かれていて漫画の内容を確認することは出来ませんでした。

この頃は女の子なら『リボン』か『なかよし』、男の子はたぶんほとんど『ジャンプ』を買ったり借りたりして読んでいたので、漫画雑誌で気に入ったら単行本を買う、もしくは表紙やタイトルで選ぶジャケ買いが主流でした。

今は普通の本屋さんでも試し読みの小冊子置いてくれてたりしますけど、昔はそんなサービスなかったしなぁ。

そう、漫画購入がある意味『賭け』だった時代ですね。

ちなみにこの頃、可愛い表紙にひかれて親に漫画をおねだりするも、中身が可愛い女の子がたくさんでてくる青年誌系の漫画だったことがよくあり、母親を苦笑いさせていたのは私です。

価格は1冊約400円。

■学生期

ネカフェ創世記。

今でこそネカフェ、つまりネットカフェで気軽に漫画漬けになれますが、今ほどネットが普及していなかった時代。

ネットがまったく使えない漫画喫茶に通っていました。
近所で一番安い漫画喫茶は個人経営だったみたいで、全室オープンで個室はありませんでした。

普通の喫茶店の店内の壁面全部が本棚って感じで、フードはレジの裏のミニキッチンでおばちゃんが手作り。注文入ると豚のしょうが焼きをジュージュー焼く音とおいしい匂いが店中に広がります。

あとたまにおばちゃんの娘さんが店番するんだけど、赤ちゃん背負ってるんだよね。
可愛いんだけど泣き出すとちょっと迷惑。

すぐにネカフェが台頭してきて漫画だけでなくオンラインゲームや映画を楽しんだり、終電逃したときのお泊りスポットになって行きましたが私は未だに漫画を読むためだけに通っています。

価格はオープン席で30分200円。

■青年期

スマホやパソコンで漫画を読むのが当たり前の時代。

漫画は中身を確認してから買うのが当然!

そんな読者側の希望が完全に叶えられる時代がくるなんて素晴らしいですね!

試し読みで中身が確認できるので表紙と中のイメージが違ったなんてこともないですし、何より変わったのは誰にも知られず今すぐ読めるということ。

わたしはマイルールとしてネカフェで漫画を読むときはフルメイクでハイヒールでオタク女子っぽくない格好で行くことにしてます。
オタクがみんなチュニック着てると思われないように草の根運動ですネ。

本屋に行くにしてもネカフェに行くにしても準備して家から出てと手間がかかるにも関わらず、売ってなかったり誰かが読んでて棚になかったりというトラブルの可能性もありますよね。

更に自分にとっては素晴らしい漫画なんだけど、他人にこの漫画を読んでいると知られたくないっていうのもたまーにありませんか?

読みたい漫画を今すぐ!誰にも知られず読める!

価格は1冊約400円。

もちろん所有するのとネカフェで一回読むのではハナシが違うので価格を比べるのは難しいのですが、ではそれが無料なら・・・!?

無料

無料と言っても違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むとかいうリスクの高いハナシをする気はありません。

じゃあ何かというとそれがこちら【U-NEXT】なんです!

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

あれ、漫画の話はどうなった?

おまたせしました、動画配信で有名な「U-NEXT」では、
実は漫画も読むことができるんですよ。

しかも、新規登録から31日間は無料です。
31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができるというウラワザ。

これが私の言う無料で漫画を楽しむ方法なんです。

U-NEXTはこちら

解約?

もちろん気に入ればそのまま登録続行して楽しむのも良いッ!

こういうものの使い心地って人によって好みがあると思うのですよ。

どんなに人から勧められても自分が気に入らない限りは要らないんだって人にとっても無料で試せるっていうのはかなり嬉しいハナシですよね。

ネットのクチコミでは解約がしにくいみたいな評判と、問題なく解約できたという評判の両方がありますが正直ちゃんとやれば出来るんじゃないかというのが感想。

わたしは解約してないからなんともな部分はありますが。

例えばwifiをキャッシュバックキャンペーンで買ったんですけど、確かに手続きはボタンひとつってわけでもなかったですが普通に出来たのにネットでは出来ないとか言う人がいるのは何なんでしょうかね?

手続きの行程の段階でちょっとでもわかんないことがあると出来ないと投げてしまう人には確かにおススメできません。

その場合は律儀で事務処理に強いお友達を確保しましょう。

U-NEXTはこちら

配信数

これはもう数字を見てもらったらすぐわかってもらえると思います。

電子書籍の配信は20万冊以上

いや、もう多すぎて一周回ってようわからん。

結局読みたいものが用意されていなければ無料だろうがポイントがつこうが意味ないので、これは大手の強みですね。

漫画以外にも雑誌や小説も読めるみたいなので、「またスマホで漫画ばっかり読んでぇ~」と怒られたら文芸書のページを水戸黄門の印籠のように見せつけてやりましょう。

U-NEXTはこちら

600ポイント

ここまでご紹介してきて割といいことずくめだなと思われた人、注意が必要なのは最新巻などを読むときはお金がかかってしまうわけで。

GWや連休中に新作や新巻を制覇しようと思ってた人は方向転換が必要です。
名作系の読み漁りに使うのがベストかと。

しかも至れり尽くせりでなんでこんなに良くしてくれるのか知んないんだけど、登録したときに600円分のポイントが貰えちゃうんです。

このポイントは一部作品限定だとか1巻だけポイント利用可能とかいうことがなくて、全巻対象なので新巻はこのポイントで狙い撃ちしちゃってくださいヽ(*´∀`)ノ

600ポイントは約2冊分だよ。
お見逃しなく!

U-NEXTはこちら

まとめ

長々とおつきあいいただきありがとうございます!

あなたのお得に対して敏感な気持ち、ひしひしと伝わってきておりますよ。

・新規登録から31日間は無料

・600ポイントの特典あり

・20万冊以上の配信

まぁ解約手続きに自信がなければやめておくか、真面目系な友達を確保しとくかというのが決断最終ラインな気がします。

解約すること前提で無料だけ楽しんでもいいし、気に入ればもちろん続ければいいし、他の電子書籍サイトみたいに1巻だけ無料とかでなく期間で31日無料という太っ腹な感じは試してもらえれば良さがわかってくれるというU-NEX側の自信が見えますね。

31日あれば自分が1か月でどのくらい漫画を読むのか、毎日なのか週末だけなのかというのもわかると思うのでこのキャンペーンをお見逃しなく♪

ちなみにわたしが毎日1冊読むとして、

紙の本400円×31日=124,000円

ネットカフェ100円×31日=3,100円
(但し所有は出来ない)

電子書籍サイト400円×31日=124,000円

U-NEXT無料×31日=無料!

価格参考

紙の本・・・単行本1冊およその値段。

ネットカフェ・・・某ネットカフェの最初の30分関東エリア・関西エリアの主要駅周辺を参考。わたしが1冊15分で読めるので30分200円の半分として算出。

電子書籍サイト・・・170~200ページの通常の単行本。1ポイント制1円の換算。

U-NEXT・・・新規登録トライアル期間中。

U-NEXTはこちら