AIの遺電子(漫画・山田胡瓜)のネタバレと感想! 無料試し読みもできますよ♪

今回は「山田胡瓜」先生の『AIの遺電子』というマンガをご紹介しちゃいますよ。

『これぞ近未来版 ブラック・ジャック!』って帯ついてたら気になって仕方ないわけで!

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!

リンク先で「AIの遺電子」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

□無料で立ち読み

□無料で全部読み

あらすじ

技術の進歩はめまぐるしく加速している

国民の一割がヒューマノイドという近未来。

ヒューマノイド関連のニュースに常連客らしき男がボヤいていると、ラーメン屋の大将が自分もそうだと言う。

ヒューマノイドとはいえ人と見分けがつかず、今のいままで客も知らなかったのだ。

慣れた手つきで調理をこなしていく大将に常連客が世間話を投げかける。

病気にならなくていいと言うと、ヒューマノイドも頭が壊れたらおしまい、頭だけはバックアップも違法だしコピーも交換もダメという決まりなのだと答える。

二人の会話を耳にした別の若い男が大将の歳を聞いてきた。

今年で50だと答えると、若い男はあの頃のボディは性能がいいと一人納得する。

どうやらラーメンが旨かったらしい。

詳しい様子にメーカーの人かと尋ねると男は医者なのだという。

男の名前は須藤(すどう)、彼自身は人でヒューマノイドを診る医者なのだった。

ネタバレと感想

普通の少年がスマホを買い与えられるかのように脳にインプラントを入れる時代。

なんかね、詳しくないからうまいこと説明できないんですけど、インプラント埋め込むとスマホだとかの端末がなくても友達と通信できて目の前に画面が浮かんでチャットとかゲームとかできる感じです。

今だって国民の半数以上が電話やパソコンを携帯する時代ですが50年と言わず20年前でもほとんどの人には想像できなかったのではないでしょうか。

そんな時代でヒューマロイドのお医者さんをしている須藤さんはなんか偏屈そうというかブラックジャック(本家)というか変人キャラの匂いがプンプンしてますよ。

嫌いじゃない、嫌いじゃないねぇ。

今回の依頼主は郊外に住むヒューマノイドの夫婦。

奥さんがお茶を用意しようとするが手が震えておぼつかない。

緊急性があるかもとさっそく往診に移る須藤。

肩まである長い髪をあげると後頭部はむき出しのマシン系のボディ。

コードを接続して状態を確認すると須藤の顔がゆがむ。

「自分たちでやったのか?

とぼけるなよ

バックアップしたんだろ?」

旦那を問い質すとあっさり認め、だから病院に行かずにあんたに頼んでいるのだと言う。

須藤が帰ろうとすると、運転してきた車の助手席に10歳くらいの女の子が座っている。

車のキーも暗号もずいぶんレトロですねとこしゃまくれたことを言うこの女の子は須藤が往診に来た先の夫婦の人間の養子。

現代ではお手伝いロボットみたいなイメージが強いかも知れませんが、ヒューマノイドも人と同じように結婚したり生活を送って幸せを求めているという世界観みたいですね。

一か月前にママは階段でつまづいて派手に頭を打ってしまい、それでバックアップを取ったらしいのだと言う。

結局違法なバックアップをしたことが裏目に出て、外部接続したことでウイルス感染してしまっていたのでした。


人と同じように暮らすヒューマノイドたち。

ウイルス感染してしまっていたヒューマノイドの奥さんはこのままでは壊れてしまう。

幸いというかウイルス感染の原因となった違法なバックアップのデータは正常なので、夫婦は苦渋の選択でバックアップデータを移行することに。

ただその間の一週間分の記憶は消えてしまう。

夫婦の養子で人間の子はバックアップのママは本当に今のママと『一緒』なの?

パパはママが少し巻き戻るだけだと思っているけど、子供は不安をぬぐいきれません。

調子が悪く震える手でたまごを割り、子供のために食事を作る奥さん。

オムレツの隠し味に生クリームを入れてみたというエピソードがあるのですが、最終的にバックアップデータを移行したママはそのことを覚えていません。

見た目も人だし、養子とはいえ人間の子を慈愛する親の姿もまさに人そのものなのですが、スイッチや電源で動くマシンなのだということが示唆されるようななんとも言えない締めくくり。

でも人間の頭だってエラーでたら記憶喪失になったり、さっきまでのことが覚えていられなくなったりしますから究極のところでいえば一緒だという感じもしました。

なんかね、個人的にはこのなんともいえない物悲しい感じがたまらなかったんです。おススメですよ。

リンク先で「AIの遺電子」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

□無料で立ち読み

□無料で全部読み

こんな人におすすめ♪

漫画もスマホで読めるようになって、とっても便利になったけど唯一残念といえば紙の本につく帯がないことですかねぇ。

『これぞ近未来版 ブラック・ジャック!』って煽り文句に釣られて読んだ人は満足できる作品だったのではないでしょうか(*^-^*)

少なくともわたしは帯を見る前にブラック・ジャックを連想してました。

作者の山田胡瓜さんは元ITmedia記者という経歴をお持ちの方。

わたしそちらはサッパリなんですが、記者時代にいろいろ見識を深めていく中で人とどうやって共存するのかとか作者さんなりの未来予想図を描いていたのかなと勝手に想像してしまいました。

偏屈・変人っぽい主人公の秘めた熱い気持ちとか、そこに至るまでの過去だとかそういう概要や背景がありつつ物語は基本一話完結で続いていくのでわたしのようにAI?ロボット?という人でもスムーズに読んでいけますよ。

人工知能とはいっても見た目は人と変わらないし、ヒューマンドラマといった印象です。

ロボットだからではなくて、どんなに仲のいい良好な人間関係の中でも起こる所詮は独りきりなのだというような乾いた寂しさを感じます。

わたしは好きだなぁこの感じ。

未来はどうなっていくんだろうと少し胸がざわつくような要素もあって、知的な漫画を楽しんでいる私を楽しむ、的な気分で素敵なカフェなんかで読むのが似合うのではないでしょうか。

リンク先で「AIの遺電子」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

□無料で立ち読み

□無料で全部読み

漫画を安全に無料で読むウラワザ♪



漫画は基本的に無料で読むことはできません。

電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、
違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクが高いですよね。

「でも、どうしても無料で読みたい。。。 」

そんな気分の時はこちら、「U-NEXT」が超おすすめです!

U-NEXTはこちら

U-NEXTはドラマ・アニメ・映画など全10万本以上の動画ある動画配信サービスです。

あれ、漫画の話はどうなった?

おまたせしました、動画配信で有名な「U-NEXT」では、
実は漫画も読むことができるんですよ!!

しかも、新規登録から31日間は無料です!
31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができるというウラワザ。

もちろんそのまま登録続行して楽しむのも良し♪

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまうのですが、
今なら特典で600円分のポイントが貰えちゃいますよ。

お見逃しなく!

U-NEXTで漫画を無料で読む